お宮参りのマナーサイト

スポンサードリンク

お宮参りのしかた

お宮参りには、正式には妻の実家が送った祝着(男の子は「のし目模様」女の子は「友禅模様」等)を着せます。

赤ちゃん用のお宮参りの衣装は、デパートなどでセットで売っているが、 最近は両親と赤ちゃんだけでお参りするケ ースも多く、祝着もベビードレスといった実用的なものを着せる場合が多くなりました。

赤ちゃんが、きちんとした祝着なら、おばあちゃんや両親の服装もしきたりどおりに留め袖などの

正装になります。しかし、最近は色無地(着物)、訪問着など、略礼装でも充分です。

両親と赤ちゃんだけでお宮参りをする場合は、スーツと色無地(着物)などになります。

祝着は「お宮参り」のときに1度しか着ませんが、ベビードレスは、その後もちょっとしたお出かけに着られるので実用的でしょう。


神社などでは、まず境内の手洗い場で手を洗い口をすすいで、神前に進む。

おさい銭をあげ、鈴を鳴らし、2礼する。

その後、大きくかしわ手を2回打ち、1礼。

2礼2拍手1礼」と覚えましょう。初詣 などでも同様です。

昔はお参りのあとで千歳飴を持って挨拶まわりをしました。

お宮参りの際の、神社へのお礼

通常のお宮参りでは、近所の神社にお参りするだけでも十分ですが、きちんとしきたりにのっとったお参りの場合は(作法)、神社に予約を入れて、「祝詞(のりと)」をあげてもらいます。

祝詞(のりと)をあげてもらった場合には、お礼を白い封筒か、のし袋にお礼のお金を入れて用意します。

のし袋の表書きは、「初穂料」「御玉串料」とし、下段は赤ちゃんの名を書きます。

のし袋の場合の水引きは白赤の蝶結びのものを選びます。

神社へのお礼の金額に困ったら、お宮参りの祝詞(のりと)を予約する時点で社務所に尋ねると確実です。

目安は五千円程度でしょう。

お宮参りマナーのまとめ

最近のお宮参りは、略式というか、簡単にごく身内だけで済ませることが多いです。

服装もレンタルで済まされ方が多いのではないでしょうか?

日程は、赤ちゃんとお母さんの体調が良い日に選ばれるのが1番ですね。

あと寒い時期は、大変です。あまり日数にこだわらない方が良いかと思います。赤ちゃんが風邪をひいたら、大変ですから。

長い時間だと疲れますし、授乳の時間もあって大変ですので、よく計画を立てて行動しましょう。

荷物は、本当にいるものだけを持っていきましょう。

神社は、階段が多いです。移動が大変です。

カメラやビデオカメラは必需品ですので、すぐ出せれるように準備しておきましょう。

一生に一度のお宮参り。失敗のないように、・・・

スポンサードリンク